背中痩せ編

意外と背中にはたっぷりと脂肪がくっついているものです。あまり普段から意識して動かすようなことがない場所でもあります。また、猫背になってしまうことで、使われるはずの筋肉をあまり使わなくなってしまい、筋力が衰えて脂肪が蓄積されていることもあるでしょう。

どうやってエクササイズをするか。ダンベルを両手に持って、まずは負荷をかけます。つらい人は最初はダンベルなしでも構いません。肩甲骨が動かすことを意識して、ダンベルを耳の後ろで上げ下ろししていきましょう。ヒジは直角に曲げた状態で上げたり下げたりしてみてください。肩甲骨がしっかりと動いていますし、背筋もピンと伸びます。この姿勢がとても大事です。背筋が伸びれば、背中の筋肉にも力が働いているので、使われるべき脂肪を燃やすことができます。

これを毎日10回1セットとして、数セットは行うと良いでしょう。二つのポイントを忘れないことが大事です。猫背のままでは肩甲骨がきちんと動かないでしょう。腕を耳の後ろ側で動かすことで、自然と姿勢がよくなります。背筋が伸びるので、猫背を解消することにもつながります。自分のできる範囲から無理をしないで行い、慣れてきたら回数を徐々に増やしましょう。

 

コメントは受け付けていません。